避難・移住・帰還の権利ネットワーク

2012年6月に国会で成立した「原発被災者支援法」に基づき、被災者・避難者の権利を実現するためのネットワークです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

被災者支援法の基本方針が閣議決定。何も変わっていない

【被災者支援法の基本方針が閣議決定。何も変わっていない】

 今日、被災者支援法の基本方針が閣議決定されました。読んでみての感想は、パブリックコメントでだいぶ叩かれたので、少しだけ言葉を修正した。本質は何も変わっていない。

 住宅支援で少し進んだ、という報道もありますが、基本方針やパブリクコメントへの回答を読むと、やっぱり何も変わっていない。

・基本方針、及びその「とりまとめ」はこちら→
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat8/sub-cat8-1/20131011_betten1_houshin.pdf

http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat8/sub-cat8-1/20131011_betten3_matome.pdf

・パブリックコメントへの回答はこちら→
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat8/sub-cat8-1/20131011_bessi_pabukomekaitou.pdf

 もう少し詳しいことは、明日以降書きます。


【「精神的苦痛」というもの】
 京都裁判の原告・Aさんが最近、福島県の自宅に一時もどりました。その時の話を聴きました。

 市内の大きな病院で「ベラルーシでの保養の報告会」という講演会に行ったら、福島の子どもをベラルーシに連れて行って保養させ、その成果として「心のケア」をやってきた、「心のケア」が福島とベラルーシの共通の課題だ。「心のケア」という言葉が何十回も出てきたそうです。

 質問の時間にAさんは勇気を出して、「ベラルーシでは1ミリSv以下の地域でも子どもの病気が広がっています。今聞いた話と違います」と質問したら、講師の答えは、

「甲状腺がんで死んだ人は1300人中1人。とても治りやすいがんです。」

「がん以外の病気で死んだ人はいません。」

 エートス運動そのものですが、これが福島で、予算もついて進められている「リスクコミュニケーション」です。健康被害を「健康の不安」にすり替えて、県民の声をつぶす手段です。


【「被爆体験者」という制度】
 これと関連して先週、高名な物理学者とお会いした時に聞いたことを紹介します。

 長崎県では、「被爆者」(被爆者健康手帳を交付された人)に分類されない「被爆体験者」という制度があります。爆心から半径12キロ以内で被ばくしたのに、「黒い雨が降らなかった」とされて被爆者支援の対象にされなかった地域の人です。被爆者の運動で2002年に、この人たちにも「被爆者」が受ける医療(健康診断)を一部受けられる制度ができました。

 ところがこの制度の理由が「被爆体験による精神的要因に基づく健康影響に関連する特定の精神疾患(これに合併する身体化症状や心身症を含む)が認められる場合」なのです。当然、受けられる健康診断にも差が出てきます。例えば「被爆体験者」はがん検診が受けられない。

 長崎市のHP → http://www.city.nagasaki.lg.jp/heiwa/3010000/3010200/p002213.html

 まるで、「放射線による健康被害はないが、被爆したストレスが原因で起きた病気」。これは福島事故の場合と全く同じです。

 長崎の被爆者はこの制度の差別性を裁判に訴えましたが、第1次訴訟は地裁で敗訴。今、高等裁判所にかかっています。

 その方が言うには、「原爆症認定訴訟では裁判所も被爆者の現実に目を向けてくれたが、福島原発事故の後、司法の姿勢が変わった。」

 内部被ばく・低線量被ばくの問題では気を引き締めて、運動の力を広げ、連携を広げて闘う事が重要です。同時に原発事故以来、日本中の住民が、本人の自覚の有無にかかわらず、この問題の当事者になりました。闘いの土台は圧倒的に広がっています。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/12(土) 00:59:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hinankenri.blog.fc2.com/tb.php/60-137a0dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。