避難・移住・帰還の権利ネットワーク

2012年6月に国会で成立した「原発被災者支援法」に基づき、被災者・避難者の権利を実現するためのネットワークです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京に行きます。

【東京に行きます】

 4月17日に東京に行ってきます。

 「どこでも誰でも放射能健康診断を求める署名」をもって、環境省・復興庁・原子力規制委員会(原子力規制庁)に申し入れです。

 復興庁は姫路公聴会に来なかった。来ないならこっちから出掛けて行って、言いたいことを言ってきます。

 被災者支援パッケージ。被災者支援法を実行しないための言い訳。避難の権利を握りつぶして、「福島に帰ってきたら支援してやる。」「福島に帰るなら支援してやる」という態度。しかも福島以外の避難者は眼中にない。言いたいことは山ほどあります。
 
 被災者支援法が求める「支援対象地域」の設定は無期延期して、原子力規制委員会に丸投げ。大飯原発と同じで延々と議論して、いつまでも決めないつもり。なぜなら、避難区域の外に「支援対象地域」を作れ、そこでは医療補償も実施しろ、というのが法の定め。でもこれをすると20ミリSv以下でも危険だと認めてしまうことになる。政府にとって、全てが崩れるので絶対にしたくないことです。

 でもここが国の一番の弱点。国会が決めた被災者支援法の枠組みを、行政が勝手に変更、拒否など出来ません。いつまでも放置すれば、「不作為」で責任を追及される。

 この弱点を追及しに行ってきます。復興庁の連中はどんな顔をして出てくるか?出てこないか?


 
スポンサーサイト
  1. 2013/04/14(日) 02:31:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hinankenri.blog.fc2.com/tb.php/31-351715c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。