避難・移住・帰還の権利ネットワーク

2012年6月に国会で成立した「原発被災者支援法」に基づき、被災者・避難者の権利を実現するためのネットワークです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7/8福島県交渉&街頭署名・集会

【署名運動ニュースNo.13より. 7/8福島県交渉&街頭署名・集会】
 当日11時からJR福島駅前で署名を呼びかけました。井戸川委員長をはじめ十数人が参加。1時間あまりで89筆。1月に続いて県民の期待がとても強いことを感じました。ここには宮城から1人、南相馬市から1人がインターネットで知って駆けつけてくれました。南相馬市のNさんは「署名をするのは初めてだけど、みんな良く署名に応じてくれました。
7/8フクシマ署名

【初めて福島県と交渉】
 7/8福交渉
動画はこちら ↓
 20140708 UPLAN 【街宣・福島県請願および交渉】福島県民健康調査について
    https://www.youtube.com/watch?v=dnrzojiI4FA
 20140708 UPLAN【記者会見・福島集会】小児甲状腺がんは異常多発!全県民の健康診断を!
    http://www.youtube.com/watch?v=qNgEv7obONQ

 14時から福島県(県民健康調査課の課長ら7人)との交渉です。ここには福島県から塙町で除染物の焼却処分の反対運動のKさんや署名の呼びかけ人の方、さらに県内や宮城県からも駆けつけてくれて、総勢17人での交渉でした。交渉のポイントは、
 甲状腺がん患者89人の発見を「異常多発」と認識するか?
 そもそも福島県はどの法令を根拠に健康調査をしているのか?県民や市町村の首長の意見は聴いたのか?
 
 福島県側は、最初は「専門家の意見では、異常多発でない可能性が高い。」「専門家の意見は、異常多発ではない、というものが多い」と責任を回避する答えを繰り返しましたが、「専門家の意見ではなく、福島県、県知事は甲状腺がんをどう思っているのか?」と質すと、課長は「県としては、はっきり言えない」という回答。しかしそれでも「(甲状腺がん発見率に)地域差があると聞いているが、それがヨウ素と関連があるのか?」と、放射能の影響とは認めたくない姿勢がありあり。(こう発言した職員は医師だそうです。)

 そこで井戸川さんが、「そもそも福島県は、何を根拠に健康調査をしているのか?公務員なら根拠法令がなくては何もできないはずだ。」「県民や自治体の意見は聴いたのか?」と問うと、県職員は「県議会で予算を承認された」と言うだけで後は沈黙。避難者のHさんが、「京都市でWBCの検査を受けた時、担当医は私の健康不安の相談をすぐに遮って『それは大丈夫』『データはこうです』と説得しようとするだけ。私の気持ちを少しも聴いてくれなかった。」 井戸川さんが「双葉町にはどう話しを聴いたのか?」と問うと、健康調査課は「町職員に説明して住民の住所情報をもらった」と、一方的な指示だったことを認めました。

 その他、放射能健診に係わる質疑で、福島県は「19歳以上の医療費について、県は国に負担のあり方を要望し、国の検討を見守っている。」「健診は保険者が主体でやるほか、19~39歳の健康診断は、県が主体でやる。(ただし)放射能に係わる項目はない。」「『交流体験支援事業』は今年度から県外も可となった。避難支援の制度化は県単独では難しい。」(そもそも支援する意志があるのか?)

 また、一昨年末に福島県知事が避難者のための住宅支援の要請を打ち切ったため、避難がきわめて困難になったことを関西での事例を挙げて抗議しました。

 その後、県庁内で記者会見。13社が集まり、1時間ほどの報告と質疑を行ないました。
 (翌日、毎日新聞に載りました。)
 
 この日の行動の最後は、交流集会。高松医師のビデオレター「甲状腺がん89例の意味すること」を上映の後、アットホームな交流・意見交歓を行いました。参加者皆がとても親しくなり、「署名を広げよう!」「仲間をもっと広げて次回の県交渉を行おう」などを確認し合いました。

【福島県民を励ます放射能健診署名】
 この日の行動で、改めて放射能健診署名運動が福島県民に共感を持って受け入れられることと、この署名が福島県民を励ます力になる、ということを確信しました。「原発事故子ども・被災者支援法」は、避難者も被災地に留まる人も、同等に支援されるべきことを理念としていますが、現実には、避難できるか?できないか?と大多数の県民が悩んだことでしょう。その中へ呼びかけた「支援法第13条の放射能健診を実施しろ。」「更に広げてどこでも誰にでも健康診断を実施しろ」という声が当然の要求として、運動として、受け入れられるのだと思います。
 だから福島県民の声を代弁する署名、県民を励ます署名として、この署名運動をもっと福島に広げたいと思いました。

スポンサーサイト
  1. 2014/08/12(火) 21:38:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hinankenri.blog.fc2.com/tb.php/117-d8a0dd08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。