避難・移住・帰還の権利ネットワーク

2012年6月に国会で成立した「原発被災者支援法」に基づき、被災者・避難者の権利を実現するためのネットワークです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6/14 井戸川さん講演 『放射能健診実現・西日本集会』

【6/14 井戸川さん講演 『放射能健診実現・西日本集会』】

   001-e05c0.jpg クリックして拡大。

6月14日、『放射能健康診断実現!被ばくしない権利の確立を!放射能健康診断100万人署名を全国に広げよう』西日本集会 を開催します。

※マンガ「美味しんぼ」で話題になった福島県双葉町前町長の井戸川克隆さんに講演していただきます。

日時: 6月14日(土)13:30~17:00

場所: 大阪市浪速区民センター(地下鉄桜川下車)

参加協力費: 500円 ※定員400名まで。

内容
●基調報告

●講演 『避難は出来ない原発事故… 福島に学んで避難の拒否宣言を』
   講師:井戸川克隆さん
      (福島県双葉町前町長・放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員長)


●訴え  原発賠償訴訟原告・避難者

●報 告 『小児甲状腺がんアウトブレイク(異常多発)とドイツ国際会議の意義』
   山本英彦さん (医療問題研究会・医師)

●報 告 『世界が見つめるフクシマ/放射能被害との闘い』
   豊田護さん (週間MDS新聞社・記者)
●全体討議

◆呼びかけ
 大飯原発差し止め訴訟で、歴史的な勝利判決。「人格権」にまで踏み込み、原発運転を止めるよう判断しました。
 一方、原発事故の健康被害は拡大しています。福島県の子どもたち89人の小児甲状腺がんが報告されました。通常、100万人に1人といわれる小児甲状腺がんが、約28万7千人中89人も発見。明らかに異常多発(アウトブレイク)です。
しかし、国や東電も福島県も、事故との因果関係を否定し、対策をとりません。緊急に、国と東電の責任で「どこでも誰でも無料の放射能健康診断・治療」を制度化させる必要があります。ぜひご参加ください。

<補足>
 全町民避難を進めた井戸川さんは、「被曝しないで住民が避難することは不可能(できない)。避難(廃炉し、撤去)すべきは、原発だ」と訴えています。再稼動判断をよしとする自治体首長には、「首長としてその責任を取る覚悟で再稼働させるのか。やめなさい」「首長として原発再稼働に合意したのならば、事故が起きたときの責任をあなたが取るのだ」と「避難拒否」を予め内容証明郵便で送る取り組みをすすめておられます。

主催:放射能健康診断100万人署名運動関西実行委員会
<お問い合わせ> (山川)09085363170 メール:yama-y@h6.dion.ne.jp
スポンサーサイト
  1. 2014/06/11(水) 00:10:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hinankenri.blog.fc2.com/tb.php/104-41e341e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。