避難・移住・帰還の権利ネットワーク

2012年6月に国会で成立した「原発被災者支援法」に基づき、被災者・避難者の権利を実現するためのネットワークです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朝日放送「報道ステーション」の3/11報道のこと

【朝日放送「報道ステーション」の3/11報道のこと】
 3/11の「報道ステーション」・福島県甲状腺がん特集は、とても大きな反響があったようで、すぐにインターネット上で動画になって流れましたが、どうも次々に停止させられているようです。

 ところが、批判された〈と本人らは思ったのでしょう〉福島県立医大が、さっそく反論の見解を出しました。 (私が加入する「ZENKOメーリングリスト」で知りました。) 
 → http://fukushima-mimamori.jp/urgent-info/2014/03/000125.html

 これはたぶん、いつまでも削除されずに残りますから、いますぐに急いで読む必要はありませんが・・・・。それにしても報道ステーションの翌日、ずいぶん早い対応。ちょっと焦ったようですね。

【福島県立医大の言いわけと、ウソ】
 私は電車の中で少し時間があったので、読んでみました。

 いくつかのウソと、それでもごまかしきれずに報道内容を認めてしまった部分がありました。

やっぱり福島県立医大は、健康調査情報の独占を狙っている。

 「甲状腺検査について実施や判定の権限を当大学に集中させているとの指摘がございました」で始まる段落では、最後に結局、「判定については実施医療機関によるばらつきをなくし、精度を維持管理するため、放射線医学県民健康管理センターにおいて複数の甲状腺専門医による「判定委員会」を開き、検査データを確認しながら判定を行っております」と言って、データを独占していることを認めました。

 報道の中では、県立医大や指定された医療機関以外では甲状腺エコー検査を受けられない事が報じられました。そして県立医大以外の医療機関が行った甲状腺検査のデータは、全て県立医大に送られます。

 またエコー写真を本人や保護者が手に入れるためには、情報公開制度を使わないとダメ、ということも報じられました。これについて、インタビューに答えた県立医大の鈴木眞一は、「写真を渡さないのは一般的なこと」と、平然とウソをつきました。 
 
 なぜウソとわかるかというと、一緒にテレビを見ていた私の妻が、「高槻市の医院で甲状腺検査を受けた時には、エコー写真をすぐにくれた」と言うのです。

 これではセカンドオピニオンが厳しく制限されます。「判定については実施医療機関によるばらつきをなくし・・・・・」とは良いように聞こえますが、それはすなわち「県立医大以外の医者の判定は許さない」ということです。

がんと放射能の関連は、彼らも気になる様子。
 「現時点における、甲状腺がんの症例は福島第一原発事故の影響によるものとは考えにくいとの見解に疑義が示されました。」

 これに対する反論がいくつかあります。例えば、

◆「福島県民の被ばく量はチェルノブイリより低い。」???
 でも福島県も国も、ヨウ素131による甲状腺の初期被ばく量を的確に測定していません。避難区域の人が甲状腺のスクウリーニング測定を受けましたが、これで測定できるのは、よっぽど高い等価線量の場合です。また、避難区域以外の県民で測定を受けた人はどのくらいいるのか?

 ヨウ素131はすぐに消えてなくなるので、数ヶ月してから測定してもわからない。わからなければ、被ばくしていないことにされます。

 しかも放射性ヨウ素はヨウ素131だけではないことを、今日参加した近畿弁護士会のシンポジウムで、改めて気づきました。これらも「なかった」事にされています。(これは後日報告します。)

◆「チェルノブイリでは被曝時年齢が0~5才だった人に甲状腺がんが多発したが、福島県ではその年齢層に甲状腺がんの方が見つかっていない。」??? 
 チェルノブイリとは患者の年齢層が違うから放射能の影響ではない、とはなんとも非合理な説明です。根拠になりません。

 加えて、チュエルノブイリのよく知られる統計は、4年後から「発症数」が急増しています。福島の調査はまだ3年目。しかも「発症数」でなく、自覚症状の有無を問わない「発見された数」の話。適切な比較ができるまでには、まだ早い。
 
◆「甲状腺がんの発見率に地域差がみられない・・・・。」???
 これも明らかなウソ。2011~2013年度ごとの調査結果は、地域間に甲状腺がんの発見率の差があることを証明しつつあります。【この点は、後日詳しく。】

【私の感想】
 私も報道ステーションのこのニュースを見ていました。

 「もう甲状腺がないんです」という母親の声が、放射能被害の存在を否定するために国と県が作った、被害者の声を上げさせない制度と「安全・安心キャンペーン」を、打ち破るように響きました。

 甲状腺がんは放射能の影響でない、ということの理屈づけにばかり頭を使っていて、県民の不安と要求には頭脳が向かない県立医大と行政の姿が、とてもはっきり報じられていました。

 妻もテレビを見ながら、「〈鈴木眞一は)ウソを言ってる」と一言。

 いずれにしても、甲状腺がんの問題は、原子力勢力が最も隠したい、触れられたくない問題です。
 



スポンサーサイト
  1. 2014/03/16(日) 00:22:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

インターネット署名を始めました

【インターネット署名を始めました】

 「希望する全ての人への放射能健康診断と、医療補償を求める署名(どこでも誰でも放射能健診)」をインターネット署名にして広げます。

 ・・・・・・・・・・・・以下、このネット署名を作ってくれたSさんから。・・・・・・・・・・・・・・

 75名の福島の子どもが甲状腺ガンまたはその疑いがあると診断されました。

 今、この瞬間にも手術台に横たわり、麻酔をかけられ、甲状腺を切り取られている子どもがいるかもしれません。

 私は小学生の子を持つ母親ですが、手術後の我が子のどこを抱きしめてあげればいいのか、何と言葉をかければいいのかなど、想像するだけで胸をえぐられる思いです。

 署名がまだの方は、どうぞご署名下さい。

 下記のリンクをfacebook, twitter等で、家族に、お友達に、恋人に広めて下さい。

 未来を生きる子どもたちに少しでも健康でいてもらうためにも、放射能健診は必要です。

 皆さん、どうぞご協力ください。

 よろしくお願い致します。(このブログは転載・転送自由です。)

http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3-%E5%BE%A9%E8%88%88%E5%A4%A7%E8%87%A3-%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%A4%A7%E8%87%A3-%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%A4%A7%E8%87%A3-%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%A7%E3%82%82%E8%AA%B0%E3%81%AB%E3%81%A7%E3%82%82-%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E5%81%A5%E8%A8%BA%E3%81%AE%E5%AE%9F%E6%96%BD%E3%82%92%E8%A6%81%E6%B1%82%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99

 URL全部をコピーして、検索にかけてください。

【英語版もできました】

 海外の友人に伝えてください。
Petiton demanding health examinaton regarding radiation exposure for all who want it.

Why this is important?

Please sign the petition and give us your international support!

The Fukushima nuclear disaster leaked huge amounts of radioactive materials into the air, soil, and ocean, leaving people exposed to high levels of radiation. The radiation leakage into the ocean continues with no end in sight.

There has been an outbreak of thyroid cancer in children in Fukushima as well as an increase in many other diseases. However, the Japanese government and TEPCO (Tokyo Electric Power Plant) have failed to admit the direct cause-and-effect relationship between radiation and health/disease and have not provide any medical security for people who have been exposed to radiation.

Tens of millions of people are still living in areas where the dose rate is higher than 1 millisievert per year. The government has stopped financial compensation to evacuees facing hardships; therefore, people who cannot afford to live in non-contaminated areas have no choice but to return to live dangerously polluted environments.

The Japanese government and TEPCO must take full responsibility for the Fukushima nuclear crisis and help people who have been exposed to radiation.

 We therefore ask our friends around the world to sign this petition and support us to get through this nuclear disaster.

http://www.avaaz.org/en/petition/Government_of_Japan_and_TEPCO_Help_Fukushima_Nucler_Disaster_Victims/?copy
  1. 2014/03/14(金) 23:25:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本消費者連盟がHPで、放射能健診100万人署名の呼びかけ

【日本消費者連盟がHPで、放射能健診100万人署名の呼びかけ】
 特定非営利活動法人・日本消費者連盟がHPで、「どこでも誰でも放射能健診100万人署名集会と署名にご協力を!」と呼びかけてくれました。

→ http://nishoren.net/safety/6439

 日本消費者連盟は食品・環境をはじめ生活の中の様々な危険とその責任を問題として取り組んでいます。その共同代表の古賀真子さんには、放射能健診署名の呼びかけ人にもなっていただきました。


【以下、引用です。「日消連について」】
 http://nishoren.net/about_us

 私たちのまわりには危険なものがいっぱい

 私たちのまわりには、いのちや健康を脅かす危険なものがあふれています。合成洗剤、医薬品、化粧品、アスベスト、農薬、食品添加物、電磁波など数え切れないほどです。これらは人間や地球全体を汚染するだけでなく、後の世代への大きなツケとなって影響を及ぼしていくでしょう。

 その根本の原因は、人の命より企業の利益を優先する価値観で政治がおこなわれ、世の中が動いているからでしょう。けれども、私たち消費者がこうした危険なものを見分け、買わないように、使わないようにすれば、現状を変えることができます。日本消費者連盟は、「すこやかないのちを未来につなぐ」ことを目標に、1969年の創立以来40年間にわたって活動を続けてきました。
  1. 2014/03/09(日) 21:50:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射能健診100万人署名運動ニュースNo.7

【放射能健診100万人署名運動ニュースNo.7 】
2014年2月27日放射能健診署名事務局 小山 070-5653-7886  nobiscum@wb4.so-net.ne.jp
放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会」が発足
 「放射能健診を求める声を、社会を動かすくらい大きくしよう。」 これが署名100万筆の意味であり、この目標を実現するための全国実行委員会です。全国実行委員会の委員長に井戸川克隆さん(前双葉町長)、事務局長に小山潔など人事や会則、「今年7月に100万筆を達成」を目標にする、3月中に署名用紙を新しくする、4月と7月に署名提出と請願行動を取り組む、なども了承されました。署名数はこの日に45515筆。

 この日は方針提案の後に、井戸川さんの講演と、日本消費者連盟共同代表・古賀さん、原発損害賠償訴訟の神奈川原告団副団長・山田さん、双葉町からの避難者・亀谷さん、福島市からの避難者・二瓶さんが連帯の挨拶。

「病気、亡くなった人もいる。大人も甲状腺がんに。でも(放射能の影響だと)認めない、認められないのであきらめる人も。裁判の答弁書で『低線量被ばくを理由とする避難には合理性がない。』闘っていかないと命を守れない。汚染された環境に生きていくのはいやだ。放射能健診は世論に訴えないといけない運動。大きな世論にしたい。」(山田さん)
「昨年の明治公園の集会以来、この署名に取り組んできた。全国実行委員会は大きな喜び。皆さんは支援、被支援の関係を超えて私の戦友。避難者のお話会で普通の母親が応援してくれてうれしいが、『かわいそう』な立場に見られている。福島県の避難者なら補償される。東京でボランティアの甲状腺検診をしてくれるが福島の避難者に限定。私は、被災者支援法は関東の人と関東からの避難者のためのものでないといけないという信念で署名運動に取り組む。」(二瓶さん)
「福島の子ども甲状腺がんが74人。なんで東京で報道しない?亡くなった人もいる。なんで国は認めない。将来の子どもたちのため、100万人署名を一所懸命にやろう。」(亀谷さん)
「同じ呼びかけ人の医問研の方々と予防接種の問題などを取り組んできた。この署名の取扱い団体となって取り組む。」(古賀さん)

井戸川さんが記念講演、各地の運動を交流
 記念講演で井戸川さんは、自らの経験も含めて、目、のど、疲労感、鼻血,心筋梗塞、突然死などの健康被害が福島で広がっていると語り、「作業員が原発内で倒れても、病院に運ばれてそこで『心肺停止』とみなされる。」「高校生が『私たちは経済の犠牲者。高速道路や新幹線が止まったら経済が潰れるから』と作文に書いている」と報告。自らも双葉町で毎時1.5ミリSvの中で被ばく。福島県はモニタリングでそのデータを持っていたが、公表したのは1年半後。妊婦も子どももいたのに、県に問い詰めると「余裕がなかった。」 また『原発作業者の甲状腺被ばく100ミリSv超が公表の1倍』という大手新聞の記事を示しながら、自身の息子さんも2号機にいたことなど、東電と国、福島県の対応のひどさはとどまりません。

 最後に、この運動が被ばくしない権利の確立につながることをめざしたい、と提案されました。

 その後は各地の運動の交流・討論。 伊方原発に反対する人たちと連携して「30キロ圏自治体」への申し入れや署名を四国に広げたい(大阪・河内)、3月に浜岡原発の地元に行き、運動とつながる(神奈川)、姫路市で街頭署名で1時間半で300筆以上集まった(兵庫)など、この署名が広がることに自信を持とう、と交流しました。

姫路駅前で大宣伝。1時間半で307筆
 2月22日に兵庫県の姫路駅前で署名を呼びかけました。15人の方が集まり、寒い日でしたが,通る人が次々に立ち止まり、署名がどんどん集まりました。福島からの避難者の方も、集めた署名を持って参加しました。署名目立てば署名は集まるという実例です。楽しい1日でした。
 この日を準備した署名呼びかけ人・佐野さんの報告。署名の心がまえです。
短い文章を繰り返す。(長くて難しい文章は、通行人は興味ない。歩きながら聞いてもらえるのは、せいぜい20秒。)
人通りが多いときは、とにかく「あなたの署名、助けが必要なんだ。」「足を止めて下さってありがとうございます」を繰り返す。頭を下げる。
男性より女性がマイクを持った方がいい(声が柔らかいので。)
情に訴える。心に届くアピールにする。
署名板を持っているときは、とにかく声をかけまくる。









  1. 2014/03/07(金) 22:39:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射能健診100万人署名運動ニュース No.8

【放射能健診100万人署名運動ニュース No.8】
2014年3月7日 放射能健診100万人署名運動実行委員会・事務局 
 連絡先:小山 070-5653-7886  nobiscum@wb4.so-net.ne.jp

放射線「安全・安心」教育批判の運動で署名が広がっています(松田幹雄・呼びかけ人)

 私は中学校理科教員で、放射線「安全・安心」教育を批判し、「学習・意見交流会~原発事故と放射能汚染に向き合う学習創造をめざして~」というつどいをやっています。
鹿児島で反原発運動、避難者支援にとりくむ高校教員Uさんから160筆の署名をもらいました。この人とは、福島で放射線「安全・安心」をふりまく半谷氏を講師に招く全国人権同和研究大会への原子力ムラの介入批判でつながりました。1月末に滋賀であった環境教育ネットワークの親睦会で顔を合わせ、署名をもらい、新たに60枚の署名用紙を渡しました。

 Oさんからは2月9日の原発学習交流会の場で75筆の署名をもらいました。1月5日の第1回原発学習交流会にも参加され、親戚、友人へ署名の働きかけを進めています。自分のことをあまり知らない近所の人にどう働きかければいいかと問題意識を持って、積極的に討議に加わってもらっています。
1月末に市川章人さんから署名20筆が送られてきました。昨年10月に放射線「安全・安心」教育批判の講演をお願いした人です。交流の中で放射能汚染・被曝による健康被害を認めさせる意義を強く受け止めてもらったのではないかと思います。

 2月15日には福井県高浜町で、福島県相馬高校放送局が制作した「今、伝えたいこと」の上映会とシンポジウムが行われました。この企画の呼びかけ人・渡利さんは、福島の人たちに思いを寄せ、繋がる反原発運動を作りたいという強い思いを持つ人です。大阪のデモでたまたまと隣を歩いていたことで知り合い、連絡を取り合いました。渡利さんは福井県鯖江市の人で、今回の企画は「ほとんど無からの創造、無謀な企画」とおっしゃっていましたが、この企画を通して若狭湾岸のいろんな町に協力者ができ、60人の参加で成功しました。この催しに大阪府高槻市の山下さんが参加して、署名を呼びかけました。署名は会場で回覧され、渡利さんから送ってもらうことになっています。映像の中の高校生たちの心の叫びが伝わってきた、と山下さんの感想。福井の人たちとつながって、原発銀座の中に署名を広げる一歩になったと思います。

高槻市駅前で署名、266筆集まりました (大阪・北摂の会)
 3月1日、大阪府高槻市の駅前で放射能検診署名を呼びかけました。前の週に姫路駅前で307筆集まったと聞いていたので、高槻市でもきっと200以上は得られるはずだから、あとは「とにかく目立とう」と、のぼり、看板、幕を持ち寄って取り組みました。

 当日は午前中は8人で呼びかけると、思ったとおりどんどん署名をしてくれます。駅前で人の流れが多いところですから、それに負けず埋もれず、大きな声を出して署名を訴えました。13時までの2時間でほぼ200筆が集まりました。

 午後になって雨が降りだし、署名を集める人も半分になりましたが、それでも2時間で70筆。同時に、少し離れていたけど市役所で「本当のフクシマ」写真展も開催されていて40筆の署名が集まり、この日、高槻市内で300以上の署名が得られました。1日で50筆とか70人を集めた人もいて、「目立てば署名は一杯集まる」と自信を持ちました。
さて翌日の「北摂の会」のミーティング。この場で、「署名は集まったが、署名を集めてくれる人はどれだけ増やせただろうか?」という問題を投げかけました。北摂の会の目標は「7月までに7万筆」ですが、1日500筆のペースでないと目標に到達しません。『どうしたら署名を集めてくれる人を北摂で500人増やせるか?』これが運動のカギです。

 いろいろ知恵を絞りました。結論は、署名の実行委員を増やす写真展や講演会の内容を作ることと、それにふさわしい講演会などを数百人規模で開催すること。そこで北摂の会は5月5日に福島県・相馬高校の先生を招いて、200人を目標に上映&講演会を共催することを決めました。ここでどうやって実行委員を増やせるか?今後の工夫のしどころです。

3/2「100万人署名運動」関西交流集会を開催
 3月2日、大阪市内(エルおおさか)で、署名運動の関西交流集会を開催しました。全国実行委員会の発足後の運動をどうやって広げるか?討論の場となりました。

 事務局長が全国実行委員会発足や会則の報告を行った後、東京から呼びかけ人のスノードロップ避難ママ自立支援ワーク・二瓶さんが発言。「スノードロップと言えばこの署名、といわれるくらい取り組みます。」「避難者と支援者、ではなく、皆さんのことは『戦友』だと思っています。」

 呼びかけ人で損害賠償訴訟・京都原告団の共同代表・萩原さんは、3月7日の第2次提訴に向けて原告団を増やす努力を続けてきたことを報告し、「福島だけの問題ではない、と関東の避難者も裁判に加わることで社会に訴えたかった。裁判のためにも放射能健診署名を広げる。」

 後半は各地域の運動の交流と討論に時間を使いました。西宮市の参加者は、署名運動の兵庫県実行委員会を3/21に発足させ、鉄道沿線の各駅や各地の集会での署名集め、3/8~9には上関原発反対集会に参加して署名を訴えることなど方針を紹介しました。

 大阪府の各地や奈良県の参加者も署名運動の報告。クリスチャンの仲間は「教会をこの署名で変えるつもりです」と、府下をはじめ近畿の教会の訪問・署名協力の要請を提案。各地で運動の広がりが感じられます。

 しかし100万筆は大変な数字です。今までの運動の積み重ねでは数年かかります。ポイントは「署名を集める人が1万人になるような運動。」これを目指してがんばろう、と提案して集会を終えました。
  1. 2014/03/07(金) 22:28:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会」が発足しました

【放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会」が発足しました】
 2/23(日)、東京で「放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会」の発足のつどいが開催されました。つどいのあと、記者会見も開催されました。

 → http://www.youtube.com/watch?v=jq-sOIP4HHs

 井戸川克隆さん(前双葉町長)を実行委員長に、小山潔〈避難・移住・帰還の権利ネットワーク・事務局長)を事務局長に、「今年7月に100万筆」を目標に運動を全国に広げます。

【どうしたら、100万筆の署名をあと5ヶ月で集められるのか?】
 大変な難問ですが、方向はおそらく1つしかありません。署名を集めてくれる人を1万人に増やすこと。 そのためにも、この運動に社会の注目を集めること。

 市民が自力で運動を作って社会を動かした事例は、いくつかあります。例えば、薬害エイズ患者の闘い、戦時「慰安婦」への国の謝罪と補償の運動、国鉄分割民営化の被解雇者(国鉄闘争団)の闘い、「派遣村」

 国鉄闘争団は、裁判で敗れて闘いを停止した国鉄労働組合を乗り越えて、画期的な和解を実現しました。

 薬害エイズ患者や戦時慰安婦の闘いは、自ら名乗りを上げて、まさにゼロから始めた闘いでした。薬害エイズは国に謝罪させ、戦時慰安婦の闘いは今も日本国の重大な課題として、政府ののどに突き刺さっています。

 そして派遣村。厚生労働省前で年末に座り込んで、貧困の実態と当事者の要求を社会に目に見える形で訴えました。これがその後の政権交代に果たした力はとても大きいです。

 どれも、自らの運動で社会の注目を作り出し、国/企業を追い詰めた先例です。放射能健診運動も、これらの運動に学び、社会運動として登場する事が必要です。

 一方、大変に有利な条件もあります。日本の全ての住民が「当事者」であること。内部被ばくを含めて我々みんなが放射能に被ばくしており、健康被害の可能性を抱えていること。

 そしてこの署名を街角、駅前で訴えると、200~300の署名は普通に集まること。ポイントは「目立つ」こと。「放射能健診」だと一目でわかると、署名に応じてくれる人がずっと増えます。

大きな目標を持って進んでいきましょう。
  1. 2014/03/05(水) 01:15:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2/23 放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会が発足しました

【2/23 放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会が発足しました】井戸川さんの記念講演 DSC_0561.jpg

 「今年7月に100万筆。」とんでもない目標ですが、この目標に向けてあらゆる知恵と努力を注いで進んでいきます。放射能健診の実現は、時間との闘いでもあります。

 100万筆達成の手がかりはあります。

伊方や若狭湾の原発立地で再稼働に反対する地元の運動グループの方々と協力して、自治体への申し入れと放射能健診署名も広げてもらう取り組みが始まっています。

「駅前で目立つ署名運動」を取り組み、1回で250とか300筆を超える署名が集まります。次は「1回で1000筆」をどう実現するか?考えましょう。
2014年2月 031 2014年2月 029

署名の数だけではない、社会に訴える力がより重要。駅前講演の選挙演説会のような大規模な行動と内容など、マスコミも注目する運動を作ろう。

〈もうすぐ、詳しく報告します。〉
  1. 2014/03/01(土) 23:30:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。