避難・移住・帰還の権利ネットワーク

2012年6月に国会で成立した「原発被災者支援法」に基づき、被災者・避難者の権利を実現するためのネットワークです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

避難・移住・帰還の権利ネットワーク:高槻市・子ども未来部に要請に行きましたが・・・・・。】

【避難・移住・帰還の権利ネットワーク:高槻市・子ども未来部に要請に行きましたが・・・・・。】

 一昨日(10/29)、高槻市に避難者に対する保育所入所の優遇と保育料の減免を求めて話しに行きました。大阪市に次いで2カ所目です。



 大阪市では母子世帯に一時保育の費用の免除をする独自の支援策を作っており、母子避難者にもこの制度を拡大適用しています。高槻市でも出来ないか?

 また、幼稚園も含めて費用の減免・補助を増やせないかと要請しました。



 「母子避難は単身赴任とは違う。単身赴任なら企業から月1回の帰宅旅費や単身赴任手当が支給されるが、原発事故の「自主」避難者は二重生活なのに何も支援がない。」



「母子避難世帯の場合、母親が病気になっても通院、入院できない。一時保育の制度はあるが1日利用すると5000円近くかかる。」



「夫が福島から高槻に避難すると、仕事がすぐにあるか?なかったら私も働かないといけない。とにかく子どもをどこかに預ける準備の必要があって幼稚園に申し込んだが、費用が高い。貯金がなくなったら福島に帰らないといけないのか?」と必死に訴えました。



また保育所への弁当持参の問題も話しました。



 結論は、



・ 保育所入所の問題は個別事例の問題なので、事情は聴いて相談に応じる。入りにくい保育所ばかりではない。



・ 幼稚園の通園費の補助は、母子避難者を(現行の制度内で)ランクを上げることは検討の余地はある。



・ 一時保育の保育料減免の制度はない。



・ 要望は要望として聞いておく。



・ (弁当持参の事は結論を聴かずに抜けたのでわかりません。後日報告します。)



 一部に可能性も残しましたが、どうも硬い対応でした。これでへこたれる訳

にはいきません。この結果は避難者公聴会(11/27大阪、11/28京都)で訴えたい

と思っています。





【ちょっと独り言。放射能拡散のシミュレーション】



こちらをご覧ください。

→ http://no-nukes-hokusetsu.blog.so-net.ne.jp/2012-10-31





スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 13:42:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報告:橋本市長にお手紙大作戦パート4

(kansaifuture@yahoo.co.jpさんより転送)

『橋下市長!言わせてください!試験焼却ストップ!行列のできる一言メッセージ!!』中継。

電波の都合で、静止画の状態で音声のみの箇所がありますが、御了承ください。

市役所内は、一般の人が映らないように黒布をかけています。
http://www.ustream.tv/recorded/26262109/pop-out

10名ではなく11名の参加でした。※自分をカウントしていませんでした(笑)

皆さん、お忙しい中ご参加頂き、橋下市長へのメッセージもありがとうございました。

メッセージの後、拍手がおこり、活気あるアクションになりました。

お手紙も瓦礫焼却に関して過去最高の75通集まり、再稼働停止・脱原発宣言のお願いに関しては19通集まりました。

★11月の試験焼却までに、第5弾を行います!

 11月9日(金)11:00 大阪市(政策推進室)

 100通を目標にしています!早速、お手紙を書いてください(o^-^)

 皆さんで力を合わせましょう!!



【11/9も市役所前に座り込みます】

★「ガレキの試験焼却やめて。大飯原発は止めて」お手紙大作戦part5。目標は100通。

 ガレキの試験焼却が「11月下旬」に迫っています。でも市民、府民は疑問や不安を抱えたまま。市議会でも意見が割れています。試験焼却を止める最後のチャンス?今までで最大の「お手紙」と人数で市長に申し入れましょう。

 10/19のお手紙大作戦part4には、こんな手作りの柿の木が登場(Eさんの作品)。これは1ヶ月ほど市長室に飾られるそうです。(市長秘書の方の話)




  
  1. 2012/10/27(土) 13:45:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石原都知事が選挙にでる

★ 大飯原発のすぐ下の断層調査がもうすぐ(11/2)に始まります。活断層の可能性を指摘した渡辺満久教授も調査団に参加。彼を調査団に任命した原子力規制委員会は、「原子力村の住民だ」とさんざん批判されて国民の世論の譲歩した形です。

 今年の冬も電力は足りる事が判って、大飯以外の原発は動きません。大飯を止めたらいよいよ原発ゼロ社会への手がかりがつかめます。
 その標的は橋下市長。彼は世論に押されて、いやいやながら政府には「大飯原発の一転停止」を要求しました。でも関電には何も言えない橋下市長に「関電にこそ、大飯原発止めろ、と要求しろ」と迫りましょう。

 【ところで、石原知事も選挙に出る、と・・・・・】
 石原都知事が辞職して衆院選挙に出ると。

 橋下維新の会の人気がさっぱりなので、もう1人の役者を急いで登場させた、というところでしょうか? 金融資本・大企業・経団連らが裏で動いたのか?自分から「今こそ出番」と思って出てきたか?

 いずれにせよ、誰が出ても、もう大きな旋風は吹かないような気がします。

石原も橋下も、消費税、オスプレイ・沖縄基地、憲法改悪などは自民党と同じ。世論を恐れる橋下は「原発再稼働賛成」とは言えないが、石原は堂々と原発推進です。自民も民主も橋下も石原も、顔は違うが同じ事を言い、やっている。次の選挙では投票率が最低になるんじゃないか。

 彼は、ただ「中央官僚が悪い」と批判して票をかすめ取ろうとしますが、都知事としての石原の実績は「中央官僚」以下。彼がやった事業は、首都銀行をはじめことごとく失敗し、借金だけを残しました。全部都民の税金で穴埋めです。経済オンチ。

 都民に人気のないオリンピック誘致に失敗して150億を浪費し、大恥をかいたことも忘れたかのよう。でも石原という看板だけで選挙に勝てるほど、今の状況は資本家にとって甘くない。

最近は尖閣島の買収(これも自分の金で買うなら話はまだわかるが、都民の税金で買おうとしたから、小者に見えてしまう)で、騒ぎを起こした張本人。彼は最初はヒーロー気取りだったでしょうが、中国でトヨタや日本企業の売れ行きが激減し、経団連が政府に領土問題で中国と対立するなと言い出す時代。経団連にとっても石原は困った存在になっています。

 大企業、金融資本、経団連が求める事に選択の幅はもうない。その狭い選択肢の中で自民党、民主党、石原、橋下が違いを争う。私たちの意思が国会に反映されない。

 国民が国会を見放し、国会の外で声を上げ始める。原発廃止の運動と同じです。
  1. 2012/10/27(土) 13:43:52|
  2. 事務局長の長いつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月25日:第3回ミーティングのお知らせ

【お知らせ:10/25 「避難・移住・帰還の権利ネットワーク」のミーティング(第3回)】
★ 10/25(木)10:00~12:00 ミーティング

12:00~15:00 交流会など

★ 場所は、日本産業カウンセラー協会 関西支部

   「エスリードビル本町」内。地図をつけました。読めない方は→
   http://www.jica-kansai.jp/kansai-branch/map.html
   

   地下鉄「堺筋本町」から5分ぐらい。

   階数がわかりませんが(たぶん7階の研修センターだと思うんですが)、
   当日一階ロビーに立て看板を用意してくれるそうです。

   一応、午後13:00〜15:00ということで交流会を設定したいと思います。

   カウンセラー協会の方も数名入る予定で、輸入お菓子やミネラルウォーター
   などを用意していだたけるそうです。

★内容

  ・大阪市、高槻市などへの申し入れの報告と今後のこと

・お話会の報告・交流。
   10月に各地で避難者のお話会が開かれました。
   私も1つに参加しましたが、とても心に残りました。
   そんな話しを交流し、「お話会」をもっと広げましょう。
 
  ・「被災者支援法」のこと。私たちの要求を改めて議論しましょう。
   特に「支援対象地域」の問題などに、いくつかの壁が予想されます。
   学習をかねて、運動の方向を話し合いましょう。
   医療(健康診断医療費の無料化)を中心にした署名運動など考えています。

・「避難者地方公聴会」について。
   今、復興庁と日程を折衝中。来年度予算の原案ができる前に、復興庁を近畿に呼び出して
   ぜひ実現させたい。その交渉の報告と私たちの目標を話し合いましょう。 

  ・その他:福島原発事故告訴団の紹介など。

 連絡先:小山(070-5653-7886、 nobiscum@wb4.so-net.ne.jp)
  1. 2012/10/20(土) 13:20:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。