避難・移住・帰還の権利ネットワーク

2012年6月に国会で成立した「原発被災者支援法」に基づき、被災者・避難者の権利を実現するためのネットワークです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TV報道に井戸川克隆さん。「鼻血」を語る

【TV報道に井戸川克隆さん。「鼻血」を語る】
 全国交歓会のML(4/30)から、紹介します。

 今週月曜日発売の漫画雑誌『ビックコミックスピリッツ』の『美味んぼ』に井戸川さんが登場しました。放射能による影響(鼻血)をめぐり、反響が大きく、TBSが報道。

 井戸川さんは取材に対して、

「私の話したことは全部入っています。果たして風評被害でしょうか。私はそんなつもりは全くありません」

と、堂々とはっきりと語っています。↓

http://news.tbs.co.jp/20140430/newseye/tbs_newseye2189353.html

 放射能の健康被害への影響は、まさに、政府・福島医大との論争真っ最中。

 帰還推進・被ばく政策を進める今だからこそ、必死に叩いてくるのは当たり前。

 私たちは正論を述べ、これをチャンスに堂々と放射能健診100万人署名運動にまい進していきましょう。

 TBSには、「鼻血を訴える人が多く存在する」事実。

 編集者(小学館)には、「次週も掲載を」と励ましを伝えましょう。【ここまで引用】

【私も見ました】

 私も上のTBS報道を見ました。

報道の最後に出てきた日大・野口邦和氏も、「鼻血があったと言うのは間違いではない」旨を認めているし、「美味しんぼ」の作者・雁屋氏は自分の取材体験を書いている、井戸川さんも多くの鼻血の事例を見ている。これが事実です。

 (もちろん、鼻血の事例を聞いたことがない人がいても不思議でないし、そんな人も多数いるでしょう。それが「鼻血多発」を否定する根拠にはならない、という点が重要。)

 「鼻血多発」を危惧するに合理的な根拠がある。放射能と因果関係があるかないかは、これから考えるべきこと。野口氏は何を根拠に因果関係を否定したのか?その点の言及はありませんでした。

 もし、『今まで放射能被ばくによる鼻血多発の事例はなかった』ことが彼の根拠であるなら(これはあくまで私の想像です)、それは事実を「理屈」でねじ曲げる本末転倒。放射線被ばくで鼻血が多発する理屈も、多発しない理屈も、いくらでも机上で作れるからです。重要なのは、鼻血が多発した事実。

 まずは鼻血が多発しているか否か?これを調査し、確認してもらいましょう。

 誰に? それこそ国に、放射能健診(問診)で。


http://news.tbs.co.jp/20140430/newseye/tbs_newseye2189353.html の部分の書き起こし↓

 「ビッグコミック・スピリッツ」に連載中の人気グルメ漫画「美味しんぼ」が物議を醸しています。主人公の新聞記者が原因不明の鼻血を出しているのですが、実はこれ、福島第一原発に取材に行った直後という設定。前双葉町長も登場して、「福島では同じ症状の人が大勢いる」と話しています。風評被害を助長するとの指摘も出ていますが、果たして作者の意図は。

 人気漫画「美味しんぼ」の主人公・新聞記者の山岡士郎が福島第一原発を取材した直後・・・

 「それにしても最近ひどく疲れて」

 そして・・・
 「まあ、あなた、鼻血よ!」
 「山岡くん、どうした!」

 突然鼻血を出し、医師の診察を受ける山岡記者。福島を訪れたほかの登場人物も次々と鼻血が出たと訴えます。作品の中で、医師が「福島の放射線と鼻血を関連づける医学的知見はない」と話す場面もありますが、こうした放射線の影響をめぐる表現が「風評被害を助長する」などとして、物議を醸しています。

 「うちの父も(福島)第一原発まで仕事に行ったことがあるが、そんな話は一切ないし、間違った知識を植え付ける原因になる」(福島県民)
 「こういうのを書かれると困っちゃう。風評(被害)を生みだすようなもの」(福島県民)

 福島県内でスピリッツを扱う書店でも・・・

 「いろいろ出版物はたくさん出ているけれど、鼻血が出たというのはちょっとこれはどうなのでしょう」(角忠 佐々木規雄さん)

 福島県双葉町の前の町長、井戸川克隆氏。作品の中では、疲労感や鼻血を訴え、「福島では同じ症状の人が大勢いる」と発言しています。実際にはどう考えているのでしょう。

 「私の話したことは全部入っています。果たして風評被害でしょうか。私はそんなつもりは全くありません」(福島・双葉町 井戸川克隆前町長)

 「美味しんぼ」の作者・雁屋哲氏は、これまでにも1年にわたり福島県で取材をし、「福島の真実」編として単行本にまとめています。

 また、雁屋氏は「原発問題を考える」というテーマで昨年末にオーストラリアの生活情報サイト「日豪プレス」の取材を受け、鼻血の件を自分自身の体験として語っています。取材を担当した馬場氏は・・・

 「(雁屋氏が)取材に行かれて 体験したことをそのまま載せているという印象。食に関連して取材する中でいろいろ畏敬の念を持っていると感じる。それが(原発)事故で失われかねないというのを残念な思いで『何とか守っていけないか』というのが彼のスタンス」(雁屋氏を取材した日豪プレス 馬場一哉編集長)

 しかし、これまでに何度も福島県を訪れている放射線防護学の専門家は、「鼻血と被ばくとの関連性はない」と断言。作品を厳しく批判します。

 「鼻血があったことを言うのは 間違いでないにしても、学問的にはまるで否定できることまでも真実であるかのように書くとすれば、福島の人の不安をあおることになるので適当ではないと思う。(鼻血と)被ばくとの関係はない。その点は確信をもっていただいていい」(日本大学准教授 野口邦和博士)

 出版元の小学館は、「鼻血や疲労感が放射線の影響によるものと断定する意図はない」「綿密な取材に基づき作者の表現を尊重して掲載させていただいた」としています。

(引用ここまで)
スポンサーサイト
  1. 2014/05/01(木) 23:42:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

これデマ扱いできる人って頭の芯からバカで、バカは死ななきゃ治らない、を地で行ってると思う。原発事故で死ぬのは、こういうバカな大人だけだと心底嬉しいんですが、子供なんだよね、死ぬのは。
  1. 2014/05/03(土) 20:09:11 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hinankenri.blog.fc2.com/tb.php/100-399081f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。